南千住と新今宮、いわゆる「ドヤ街」を両方とも体験してみた話

東京の南千住近辺に住んでいるものですが
今回たまたま大阪へ行く仕事があり2週間ほど滞在して
そのうちのほとんどをいわゆる「ドヤ街あいりん地区」である西成区新今宮から天下茶屋周辺で過ごしましたので
自分の地元である南千住山谷地区と帰宅しての印象を書いてみたいと思います。
まずそもそも私自身が山谷のドヤ街周辺に住んでいますので
ドヤ街の雰囲気に慣れてしまっているというのもあるかもしれませんが
私自身はいわゆる日雇い労働者やドヤの住人ではありませんので
一応は客観的な視点でお伝えできると思います。
まず、山谷地区も西成地区も治安が悪いとか危険だとか言う印象は全くありません。
数十年前はどちらも肉体労働者が集団で警察署を襲ったりしたことがあるようですが
現在はどちらの住人も年金受給者がメインストリームですのでのんびりした雰囲気で暴力的な印象は受けません。
また住人の一部はどちらも外国人の若者旅行者が占めていて
彼らは日本人の若者よりは違和感なく風景に溶け込んでいます。
ただ西成に行ってみて驚いたのはやはり宿代の安さです。
南千住近辺は東京では最安の部類の安宿が揃っていますがそれでも2000円台がほとんどです。
それと比べると西成では同じような設備で1000円台がたくさんありますので
ざっくりといえば宿泊費は2倍に近い差があるような印象です。
それから立地条件だと西成の安宿街の方が圧倒的に軍配が上がります。
残念ながら山谷地区は近隣の浅草地区や北千住地区から距離的に切り離されていますが
西成の安宿地区は一般的な住宅街である天下茶屋地区までの商店街もすぐそばですし
新世界や通天閣までも歩いて数分という好立地にあります。
一言でまとめてしまえば
よその場所から東京へ遊びに来た人には山谷地区に宿泊することをお勧めしませんが
大阪へ遊びに行く人には西成地区に泊まることもお勧めできるということになります。http://www.intraligi.net/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0_%E9%87%91%E5%88%A9%E3%81%8C%E5%AE%89%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%AF%EF%BC%9F.php

今夏も恒例のサフィニアの植え替えをしました。

我が家の猫の額ほどの庭で、3個ほどの大鉢に(直径60cm程)季節の花を植えて、毎年楽しんでいます。
初夏にはいつもサフィニアを咲かせます。
近所の園芸店やホームセンターにいって、必ず、濃いワインレッドの苗をさがし、3つ購入します。化学肥料も必ず購入です。
帰宅すると、まず、以前栽培していた植物を根から丹念に取り除き、鉢の中に残っている土をスコップで何度も掘り返します。土に空気を入れてふっくらさせて酸素を取り込むのです。残っていた根も細かく見つけながら固まっていた土をほぐします。そのまま5〜6日程ほおっておき、土を休ませてあげます。これをすることにより、根が土に馴染みやすくなるのです。苗が健康に生き生きと育つのです。
そして、いよいよ植え付けです。もう一度土を柔らかくし、大鉢の真ん中に20cm弱位のくぼみを作り、その中に苗を収めます。同じ工程を別の鉢にも行います。肥料の分量を良く確かめながら、苗から10cm程離れたところに土と満遍なく、混ぜながら埋めていきます。
最後に水を溢れるほど、鉢下からしたたるほど十分にかけてやります。
今夏も溢れんばかりの花々が咲きほこり、庭を素敵に彩ってくれることを想像しながら、ゴミを片付け、散らかった土を箒で履き集め、ガーデニング仕事を終わります。プレミン16w 口コミ

娘の爪のお手入れはいと難し。パパにお願いします!

私が娘のお世話で一番苦手なことが爪切りです。
娘の小さな爪をハサミで切るのが怖く、その上娘も動くので、どうしても切れません。主人は娘の手を握りながらとても上手に切るのでいつも主人任せでした。
でも出来ないものがあってはいけないと思い、今日久しぶりに娘の爪を切ってみることに。娘の小さな手を握り、さらに小さな指の爪にハサミを当てていきました。しかし、娘の指が動いたり、私も緊張して手が震えたりでなかなか上手くいきませんでした。そして、爪切り断念。
そこで赤ちゃんようのヤスリを使ってお手入れをしてみました。ヤスリならケガをさせる心配もないので、少し心にゆとりを持って使うことが出来ました。
何とか私も初めて爪のお手入れをしてあげられたのですが、何と30分もかかってしまいました。主人はいつも10分くらいで爪をキレイにしているので、それに比べるとかかり過ぎです。娘も嫌になったようでぐずってしまいました。
やっぱり爪のお手入れはパパにお願いします。

寒くなる季節になると色んな事を考えるようになる

8月が終わり9月に入ってしまいました。年末が近づいてきています。そうすると自分の誕生日が来ます。31回目の誕生日です。
年齢が上がるにつれて1年が早く感じる様になりました。毎日が単調だからなんだと思います。昔は刺激的な毎日を過ごしたいと思っていましたが、今はこんな人生でもいいかもなと思っています。
そんな私ですが、あの時の人生の分かれ道の時違う道を選んでいたらどうなっていたのだろうかとか、考える様になりました。老けた証拠なんだと思います。
後悔の無い人生はほぼないと思いますが、後悔しかない人生は歩みたくないなと思います。昔の歌で「もしも、生まれ変わってもまた私に生まれたい」という歌詞がありました。私は現状私に生まれたいと思えないので、後の残りの人生でそう思える様な方向に持っていければなと考えてしまいます。その為にも今は色んな事に対して前向きに進んでいこうと思います。人生80歳まだ半分にも到達していないので、まだまだ頑張ります。ベルタ酵素授乳

テレビ好きの人間と、テレビを必要としない人間と。

従妹の家にはテレビがない。以前はあったらしいが、アパートを引っ越す際に「別になくてもいいか」と思って処分したみたいです。
私は小さい頃からテレビを見るのが好きでテレビがない生活なんて考えられないと思っている人間なので、初めて家にテレビがないと聞いた時には驚いたものです。
なくて困らない?と尋ねたことがありますが「ニュースもその他の番組もパソコンやスマホで見られるから特に問題ない」とのこと。
言われてみれば、今の時代はネットで何でも見られるんですよね。私はあまりネットの番組をチェックしないので、それは思いつきませんでした。
パソコンやスマホで音楽も聴けるし、ゲームも出来ますね。それを考えると現代の住宅においてテレビは必需品とは言えなくなっているのかもしれませんね。
「強いて言うなら周囲のテレビの話題についていけないのが不便」らしいけど、皆ずっとテレビの話をしてる訳でもないので大した問題じゃないと言っていました。
ただ、私はやっぱりテレビが好きだしテレビがない生活は寂しいだろうなぁと思います。どう思うかはきっと人によりけり、ですね。http://www.rentmatch.co/

仕事始め前の顔合わせに行ってまいりました

来週の月曜日から仕事始めになっていて、少し長かった冬期休暇も終わりになり、通常通りに戻る感じとなっていますが、先程、職場の方に新年の挨拶と顔合わせがあったのでスーツ着用で行ってまいりました。みんな元気そうでなによりであり、若干眠そうな方もおりましたが、無事に新年の挨拶と顔合わせが終わり現在は帰宅の最中であります。

冬期休暇はかなりリラックスして過ごせた休みの期間であり、色々な場所にも行く事ができたし友人らと遊ぶ事もできたのでかなり満足しています。3月になる決算時期になるので少しだけ仕事が忙しくなりますが、それまでは通常通りの仕事になるので定時でしっかりとあがれそうであり、休みも週休2日となっているので土日は基本的に休みとなります。うちの職場は少しだけ冬期休暇が長く、夏季休暇がちょっと少ない感じとなっていますがしっかりと休める日数でもあるので凄く助かっています。

2018年も体調や怪我とかに気をつけながら活動していきましょう。

さっさと仕事のノルマ達成してから畑で落花生の世話をする

今日は早めに目が覚めて、いつも通りスマホゲームと漫画アプリをチェックした後、どう時間潰そうかと考えたのですが、時間を無駄にしてはならないと机の前に座り仕事をすることにしました。
そうしたら快調であっという間にノルマを達成し、すっきりした気分になり、いつもこうできたらいいなと思いました。
それから洗面所で髭剃りをするのですが、おニューの髭剃り機を使うのは2回目でやはり肌に刺激はないけどちゃんと髭が剃れて満足な仕上がりです。
畑に出たら昨日しようと思っていた落花生の間引きをし、一か所に2つ生えていたもの内の片方を抜いたのですが、それを捨ててしまうのはもったいなく、空いているところに植え直しました。
これで落花生の収穫が増えたら嬉しいのですがはてさてどうなることでしょうか、楽しみです。
あと今まで素手で草取りをしていたのですが、軍手があることを思い出してそれを使うととても快適にできてなぜもっと早く使わなかったのかと後悔しました。

担任の先生によって教室の雰囲気は変わりますね。

クラス替えが毎年ある小学校に子どもが通っているので、毎年仲良しのお友達と一緒になったとか、変わったとか一喜一憂しているのですが、それに加えて子どもが楽しく学校生活を送るためには先生の存在がものすごく大きいですね。
私はこれまでそんなに担任に先生にどうこういう感想を持ったことがないのですが、今回うちの子の担任になった先生を一回目の授業参観で見て、とってもいい雰囲気を感じたんです。これまでの先生もすごくいい人でしたが、今の先生にはそれに経験値が加わって落ち着いた良さを覚えました。こどもも積極的に手をあげたり楽しそうに授業に参加していて、隣にいたママのお子さんはいつもは手をあげたりしないお子さんなのに、何度も手をあげていて驚かれていました。そういういい雰囲気を自然に教室に持ち込める先生なら子どももリラックスして授業に臨めるし、楽しいんじゃないかなって安心できました。
毎日のことだから親としては大事な要素になりますね。すっぽん小町 販売店

テレビで見て今日初めて作った料理について

テレビの料理番組で見た「とろろのチーズ焼き」というレシピを真似して作りました。
鶏ひき肉やとろろ、ナス、シメジなどを炒めて、牛乳、味噌、卵を溶かして炒め、耐熱皿に移してとろけるチーズを載せて、オーブンで焼き色が付くまで温めます。
簡単に言ってみれば、和風のグラタンといったところです。
普通のグラタンのようにバターやマカロニは使わないので、あっさりしています。
マカロニグラタンと違って熱くなりすぎないので、夏でも大丈夫食べられそうです。
とろろは、本来は長芋を使うのですが、今回は運良く自然薯を見つけたので、それを使って作りました。
自然薯は長芋よりもねばりが強く、より濃厚で美味しいです。
和風なので和食として食べるのはもちろんですが、チーズがかかっているので、ワインにも合います。
パンにも合いますが、ご飯にも合うオールマイティーな味でした。
一度作ると、もう次はいいかな、と思うレシピが多い中、このレシピはぜひまた作りたいです。

脂肪ってそこまで悪い存在ではないと思いますよ

脂肪を減らす事や細くなる事って現代では美しさの象徴であったり理想であったりしますよね。

でもそれって美しいかどうかは別として本当に理想なんでしょうか?

そもそもが脂肪というのはエネルギー貯蔵庫を体に纏っている状態で、もし飢餓が起こったりしたら生き延びる為のエネルギー源になったりする訳ですよね。

とはいえ現代の先進国と呼ばれる国に生きる人にとってはなかなか普段必要のないものではあると思いますが。

しかし人類はこれまで飢餓との戦いばかりだったと言いますし、その時に身に付けた機能が現在も生きているのであって考え方次第では芸術品みたいなもんですよね。

それに特技とも言えますし、今後必要になる場面が来るかもしれません。

そう考えると醜いものや恥ずべきものではなく、むしろ誇るものとも言えるかもしれません。

最近はとにかく脂肪は落とせばいいものという風潮になっているようにも思いますが、適度に脂肪を落とすのは別としてその全てを否定するような考えはあまり良くないかもしれませんね。

やはり美しさにも健康にも、移動のしやすさと非常用の備蓄としても、脂肪をほどほどに付けておくのが1番だと思います。