今夏も恒例のサフィニアの植え替えをしました。

我が家の猫の額ほどの庭で、3個ほどの大鉢に(直径60cm程)季節の花を植えて、毎年楽しんでいます。
初夏にはいつもサフィニアを咲かせます。
近所の園芸店やホームセンターにいって、必ず、濃いワインレッドの苗をさがし、3つ購入します。化学肥料も必ず購入です。
帰宅すると、まず、以前栽培していた植物を根から丹念に取り除き、鉢の中に残っている土をスコップで何度も掘り返します。土に空気を入れてふっくらさせて酸素を取り込むのです。残っていた根も細かく見つけながら固まっていた土をほぐします。そのまま5〜6日程ほおっておき、土を休ませてあげます。これをすることにより、根が土に馴染みやすくなるのです。苗が健康に生き生きと育つのです。
そして、いよいよ植え付けです。もう一度土を柔らかくし、大鉢の真ん中に20cm弱位のくぼみを作り、その中に苗を収めます。同じ工程を別の鉢にも行います。肥料の分量を良く確かめながら、苗から10cm程離れたところに土と満遍なく、混ぜながら埋めていきます。
最後に水を溢れるほど、鉢下からしたたるほど十分にかけてやります。
今夏も溢れんばかりの花々が咲きほこり、庭を素敵に彩ってくれることを想像しながら、ゴミを片付け、散らかった土を箒で履き集め、ガーデニング仕事を終わります。プレミン16w 口コミ