夜景を眺めながら、自らと対話する歳末の夜更け

——品川の会社街角は普段よりも人物が小さく、何だか新鮮な情景だった。
時おりぽつりぽつりと瞳に入り込んでくるのは、とぼとぼと歩いている冴えないニートか、或いは行き場のないホームレス風の夫たちだけです。
こちらは今や、それらの情景を目の当たりにしたところで何の思いの丈も抱かなくなっていた。
今年も、元来みずからここまで遠出してきてしまった。
こちらは街角の隅に生じる巨大なモールのエレベーターにのぼり、上層床へと上って行く。
駅前の商い宿屋に比べると、その施設はわりかし陳腐な賜物だったが、かと言ってそこまで古めかしい風情でも無く、下界を見渡すには完璧スポットだった。
そして、そこから見下ろすことのできる夜景は全額「ヒューマン」によって形作られていらっしゃる。
例外など存在し得ない。そういう、私の目の前に思え込んで現れる夜景というのは非現実的なまでに実存的情景だった。
肌身を以て、それを実感した場合こちらは、とあるひとつの正解を導き出した。
もしまた、この先の人生で、道を踏み外して独りで歩んでゆく天命になろうとも、生きている以上、こういう生の照りだけはなくすまいと——。いぶきの実 薬局