ディズニーリゾートにひとりで行ってきました

せっかく都内にいるんだから、という結果、お独り氏でディズニーに行くことにしました。
ダディはディズニーに一向に関心をもっておらず、中に混ざるために7,000円ほどもかけて出向くのは馬鹿らしいという事だったので。
きっと、ひとりで行ってもそこそこ遊べるかなあ、ぐらいに思っていたのですが、真に行ってみたらさすが猛烈に楽しかっただ。
ディズニーリゾートに出向く事本人、10時代風くらいでこの前に行ったのは会社の慰安お出かけだったと思います。
そのときはランドではなくてシーに行ってきました。ふと大人の条件でしたね。
今回はプー氏のハニーハントにのぼりたいのと、残りカリブの海賊が好きなのでランド往きがさっぱり決定しました。
ダディは良い人なので舞浜の駅舎まではさすがに付いてきてくれました。そこからはひとりで間つぶしをする、との結果。
手引きもなくて適当に好き勝手に見廻りましたが、なかなか楽しかっただ。
今は、通年パスポートもちょこっと気になっています。

全国も一夫多妻制にすれば不倫も無くなり少子化も消え去りいいことづくめなのに

テレビジョンでは浮気で騒がれて掛かる近頃ですが、まず全国はアベック一人ずつというのが正当だから仕方ないですが、性格という動物的な狙いで行くという別にどうしてとしてはないのですよね。人間が勝手に1対1って決め塗り付けてるだけで、仮に全国だって昔から一夫多妻制であったら、出遅れ大家族で少子化どころの話ではなかったですよね。たとえば、芸人のボビーのすむナイジェリアでは一夫多妻制で亭主も兄妹が30複数個いるよ。お母様が6パーソンいるそうで。けれども先方ではそれが正当だから。すべてパーソンは自ら中心に考えていて自分が平均だけど、ナイジェリアものの各国もあるんですね。何が言いたいかって、自分がふさわしいとしていても他ではそれが普通だったり講じるんですね。根っから、パーソンは飽きっぽい人間なんだから、1対1じゃあきるのが正当なんですよ。ですからこれだけ浮気が多発するんじゃないですかね。一夫多妻制なら複数のマミーを手に入れられるからあきることもなく浮気なんてないでしょうね。飽きたら5周囲6周囲って作っていけばいいんですから。