深夜に悠然と見る吉本新コメディーが随分済む

域によって番組わたる時機は違うと思いますが、吉本新コントが深夜にやっていていろいろ言って激しく観てしまっています。
あまり詳しくはないのですが、昔よりもずいぶんとコテコテ度合いが減っていてキャラクターたちのキャラクターも少なくなった印象があります。だからといってつまらないというわけではなくて、スピードアップがいやに早くなって時代に合っているのかなあというニュアンスもあります。とりわけ一つのセットで色々なおしゃべりを開発させなければならないので、作りあげる皆さんは恐らく面倒だろうなあと思います。登場するキャラクターの魅力も随所で出さなければならないですし、裏ではおよそ訓練を大勢されているのでしょう。
深夜という時機に観ていると、言わば違和感になります。やはり生放送ではないですし、新喜劇のちょっとまったりとしたお決まりのニュアンスがそこそこ傾向がいいのです。けして慣例ではないのですが、それにほど近い感じでほっとしたりしていいです。